公益財団法人 日本野球連盟

社会人野球日本選手権

社会人野球日本選手権とは

1974年(昭和49年)10月28日、阪神甲子園球場で誕生した。
夏に都市対抗、秋に産業対抗と、それまで社会人野球の二本柱といえる大会は、いずれも選手の補強制度をとっていた。その数年前から「単独チームで争う選手権大会を」という声が高まり、日本社会人野球協会(現日本野球連盟)で検討していた。設備投資、技術革新によって高度成長を果たしてきた日本経済に陰りがみえ、産業構造に変化をきたしはじめると、鉄鋼、鉄道、炭鉱、自動車、百貨店・商業といった部門で争う産業対抗は、部門の区分けにあいまいな面が現れ、各地から選手を補強するのが難しく、チーム編成が困難な部門も出てきた。
産業対抗大会自体を「単独チームでやっては」という意向もあったが、73年の第23回大会を最後に発展的解消し、改めて日本選手権が甲子園でスタートすることになった。その後、第7回大会から大阪球場、第17回大会からグリーンスタジアム神戸(現・ほっともっとフィールド神戸)、第24回大会からは大阪ドーム(現・京セラドーム大阪)に舞台を移し現在に至る。 優勝チームには、野球場と最高位を表現する“ダイアモンド旗”が贈られる。

佐伯達夫杯

1980年(昭和55年)春に大会の生みの親の一人であり、社会人野球協会の副会長で近畿社会人連盟会長であった佐伯氏が死去、功績を讃え、第10回記念大会に佐伯達夫杯が作られた。優勝チームに贈られている。

ダイアモンドエンブレム

2007年(平成19年)に制定された。単独チームで全国の頂点に導いた選手達に贈られる。
日本選手権を制覇したチームに限り、1年間、ユニフォームの左袖にこのエンブレムを付けてプレーする権利が与えられ、翌年の大会が終了するまでその権利は続く。誰もがひと目で日本選手権チャンピオンであることを知ることができる。