公益財団法人 日本野球連盟

全日本クラブ野球選手権

全日本クラブ野球選手権とは

1976年(昭和51年)に誕生した。社会人野球最高のイベント都市対抗野球大会の初期はクラブチームが主役だったが、第2次世界大戦後は企業チームにその座を譲った。しかし、函館太洋倶楽部をはじめ戦前からの伝統を持つ名門チームや、地元の人々と密着しながら野球を愛する各地のクラブチームの間から大会設立を望む声が大となった。かねてからクラブチームへの助成を検討していた日本野球連盟は、この声を受けて大会創設を決め、毎日新聞社とともに主催することになった。
第1回大会は8月23日から3日間、東京・明治神宮外苑球場で各地の予選を勝ち抜いた10チームが参加して行われた。神宮球場は都市対抗野球大会の最初の舞台、社会人野球ゆかりの地である。オープニングゲームは函館太洋倶楽部-全大津戦で函館太洋が10-2で白星を飾った。 なお、大会の名称は「全日本クラブ対抗野球大会」。現在の「全日本クラブ野球選手権大会」となったのは1990年(平成2年)の第15回大会からである。

平岡杯

日本初の本格的な社会人野球チーム「新橋アスレチック倶楽部」を結成した故・平岡(ひろし)氏の功績とその名を後世に伝えるため第35回大会(2010年)に制定。優勝チームに贈られる。日本野球の草分けの一人だった平岡氏は、1959年に橋戸信、久慈次郎らとともに第1号で野球殿堂入りしている。