JABA

JABA

メニュー

MESSAGE

トピック TOPICS

Voice014 添田真海(日本通運)「17試合連続安打のヒットメーカーが黒獅子旗に挑む」

 添田真海は2020年に明治大から日本通運へ入社すると、コロナ禍で日本選手権をはじめとする多くの公式戦が中止になったにもかかわらず、主に指名打者でリードオフに定着。都市対抗南関東二次予選では打率.462を叩き出し、初めての東京ドームでも1安打1打点をマークする。

 2年目はショートの定位置を確保したが、打撃面ではシーズン通して苦んだ。そこで、今季は攻守両面で目立つパフォーマンスを見せようと、冬場から徹底して自分を追い込んできたという。

 

「目標は常に高く持ち、一番ショートでチームの顔になります」