公益財団法人 日本野球連盟

About JABA日本野球連盟について

沿革

西暦 月日 出来事
1949 (昭和24)年 2月16日 全国に設立されていた実業団野球地方連盟を統合し、「日本社会人野球 協会」として発足。初代会長に宮原清氏が就任。同時にNBC(米国野球 協会)に加盟。
1950 (昭和25)年 12月17日 NBCからプロとノンプロを明確にする意向が示され、資格規定が 制定された。プロ野球退団者は、退団から1年経過後、資格審査委員会の 審査を経て登録が認められた。
1951 (昭和26)年 10月21日 日本産業対抗野球大会がスタート。 化学工業代表の鐘淵化学が初代王者となった。
1952 (昭和27)年 5月24日 日本とフィリピンとの険悪な関係を打開するため、フィリピン野球協会パーソン会長の申し入れを受け交換試合が実現、両国の友好関係促進に多大な貢献。
1953 (昭和28)年 12月18日 5月にアジア野球連盟が発足、第1回アジア野球大会がフィリピンで開催。 日本は都市対抗覇者の八幡製鉄に大会優秀選手9名が補強された。 結果はフィリピンに敗れ準優勝。
1954 (昭和29)年 9月1日 国際試合を開催するため日本学生野球協会と「日本アマチュア野球協会」を構成する。
1954 (昭和29)年 9月23日 第1回世界野球大会がミルウォーキーで開催。 日本は都市対抗覇者の全鐘紡に大会優秀選手8名が補強された。5位。
1957 (昭和33)年 7月28日 都市対抗野球大会で日鉄二瀬の村上峻介投手が大会史上初となる完全試合を達成。
1957 (昭和33)年 9月18日 第3回世界野球大会で日本チームが初優勝。
1961 (昭和36)年 4月4日 日本プロ野球機構と毎年結んでいた「選手の転出、加入に関する協約」の締結がプロ側より拒否され、無協約状態となった。またこの後に中日が 日本生命の選手との契約を強行。
1961 (昭和36)年 5月13日 中日が社会人選手との契約を強行したことに対する対抗措置として、 プロ球界に対する5項目を決議した。
1964 (昭和39)年 10月11日 東京五輪で野球が公開競技で行われ、都市対抗に優勝した日本通運を主体としたチームがアメリカ代表チームと対戦した。
1966 (昭和41)年 9月23日 事務局を有楽町から千代田区一ツ橋に完成した毎日新聞社新社屋 (パレスサイドビル)へ移転。
1966 (昭和41)年 12月2日 社会人野球ベストナイン賞が制定され、第2回の表彰式が行われた。
1967 (昭和42)年 3月25日 日本アマチュア野球協会を解消し、日本学生野球協会と日本アマチュア野球国際委員会を発足させた。
1969 (昭和44)年 7月22日 プロ側からの要請を受けて、「プロ野球対策委員会」を設置し、協議を再開した。
1970 (昭和45)年 3月2日~3月10日 審判技術の交流を目的に台湾、沖縄に審判団を派遣した。
1970 (昭和45)年 7月23日 プロ野球対策委員会の答申を受けてプロとの交渉期間に関する内規を制定した。
1972 (昭和47)年 1月25日 4項目(交渉期間の明確化、ドラフト外獲得の廃止、指名除外期間の制定、プロ経験者による技術指導の促進)からなるプロ野球との問題に関する声明文を発表した。
1973 (昭和48)年 1月24日 プロ野球退団者による技術指導を条件付きで認める決議を行った。
1974 (昭和49)年 7月24日 第45回都市対抗野球大会は白老町・大昭和製紙北海道が優勝、黒獅子旗は初めて北海道へ渡った。
1974 (昭和49)年 10月28日 日本産業対抗野球大会を発展的に解消、単独チーム日本一を競う大会として「社会人野球日本選手権大会」が甲子園球場でスタート、三協精機が初代王者となった。
1975 (昭和50)年 7月24日 第46回都市対抗野球大会は開会式に 2万人の大観衆を集めた。開会式の後、史上初めてホームラン競争が行われた。
1976 (昭和51)年 8月23日 全日本クラブ対抗野球大会がスタート、第1回大会は神宮球場で行われた。 全浦和野球団が初代王者となった。
1976 (昭和51)年 9月 国際野球連盟(IBAF)に加盟した。
1978 (昭和53)年 7月28日 都市対抗野球大会の予選地区の変更が行われ、19地区に分かれていたが、近年のチーム分布を加味し、16地区となった。
1978 (昭和53)年 8月2日 全日本クラブ対抗野球大会で全浦和野球団が3連覇を達成した。
1979 (昭和54)年 7月28日 第50回都市対抗野球大会から金属製バットの使用を解禁とした。