公益財団法人 日本野球連盟

  • コンプライアンス相談窓口

COMPLIANCEコンプライアンス相談窓口

コンプライアンスに関する受付窓口の設置について

皆さんの身の回りで正しくないことが行われていると思われる場合には、コンプライアンス相談窓口へ直接記名(所属・氏名を表示)、または匿名でご一報下さい。
相談者の氏名などは本人の了解なく明らかにしません。また、相談を行ったことで相談者に不利益な取り扱いを行うことは禁止しています。
コンプライアンス相談窓口への投書について、日本野球連盟外の第三者による確認をご要望される際は、「日本野球連盟事務局相談窓口」をご利用下さい。
(日本野球連盟の弁護士が相談を受け付けるもので、相談者の秘密は確実に守られます。)
日本野球連盟や他人を中傷したり、いたずらをするなどの目的でコンプライアンス相談窓口に事実に反することを相談したり、不正に利用することは厳禁であり懲戒処分の対象となります。

コンプライアンス相談窓口制度

目的

本制度は、公益財団法人日本野球連盟(以下「本連盟」という。)所属の役職員、選手、その他の競技関係者等(以下「選手等」という。)からの、暴力行為やパワーハラスメント、セクシャルハラスメントその他の組織的または個人的な法令違反行為等に関する相談もしくは通報の適正な処理の仕組みを定め、不正行為等の早期発見と是正を図り、本連盟のコンプライアンスを遵守した運営の強化と選手らの人権の擁護等に資し、もって野球競技の健全な発展を図ること等を目的とする。

相談受付窓口

公益財団法人日本野球連盟

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー内
FAX番号:03-3201-0707
E-mail:baseball@jaba.or.jp
担当者:崎坂 徳明

JABA北海道地区連盟

〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西6丁目1 毎日会館内
FAX番号:011-281-2789
E-mail:npo-5589@joy.ocn.ne.jp
担当者:乙武 誠仁

JABA東北地区連盟

〒028-3318 岩手県紫波郡紫波町紫波中央駅前5-1-6
FAX番号:019-672-1362
担当者:上市 隆之

JABA北信越地区連盟

〒950-0948 新潟県新潟市中央区女池南3-6-4 新潟市営鳥屋野野球場内
FAX番号:026-233-5589
E-mail:n3337@grape.plala.or.jp
担当者:齋藤 興志朗

JABA関東地区連盟

〒114-0014 東京都北区田端6-2-8
FAX番号:03-5809-0784
E-mail:Jaba-tokyo.h@bz04.plala.or.jp
担当者:平賀 利彦

JABA東海地区連盟

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-9-6 八木兵丸の内第2ビル2F
FAX番号:052-211-6689
E-mail:jaba-tokai@hi.enjoy.ne.jp
担当者:北畑 達也

JABA近畿地区連盟

〒530-8251 大阪府大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞社大阪本社事業部内
FAX番号:06-6346-8372
E-mail:o.renmei.osaka@mainichi.co.jp
担当者:三宅 道彦

JABA中国地区連盟

〒729-2361 広島県三原市小泉町32-24
FAX番号:0848-66-2349
E-mail:on89no33@hi2.enjoy.ne.jp
担当者:山根 範久

JABA四国地区連盟

〒780-8050 高知県高知市鴨部2-2-39 サーパス鴨部101号
FAX番号:088-843-9967
担当者:久武 晋

JABA九州地区連盟

〒850-0068 長崎県長崎市福田本町1491
E-mail:shigesuzu@mxc.cncm.ne.jp
担当者:宮脇 茂

概要

相談等の方法

  • 利用方法は、FAX・電子メール・書面送付により受け付けます。
  • FAX、電子メール等の連絡先は、本連盟のホームページや連盟報、JABAニュース等に掲載し、その周知徹底を図るものとします。
  • 相談等は、匿名でも記名でも行えます。但し、匿名の場合には、被害者か目撃者かの区分、連絡先(容易に本人特定ができない携帯電話番号や携帯端末のEメールアドレス等)と連絡等に用いる仮称(「相談者A」等)を明らかにしなければならない。
  • 相談受付窓口は、匿名で通報等が行われたが、通報者の連絡先が明らかにされていないことによって、規定に定める事実関係の調査、その他の責務を遂げることに著しい支障を来たす場合には免除されます。

相談者

  • 相談受付窓口の利用者は、不正行為等を受けた選手等、その親権者や代理人等これに準ずる者、または同選手等が所属する競技団体の構成員とする。

調査担当部門

  • 相談された事項に関する事実関係の調査は、相談を受けた窓口担当者(コンプライアンス委員会委員)が行う。
  • 相談等を受けた相談受付窓口は、必要に応じて本連盟事務局職員やコンプライアンス委員会の委員その他の役員等の支援を依頼することができる。
  • この支援の要請を受けた役職員が調査に関する事務を遂行するにあたっては、善良な管理者の注意をもって、相談等に関する事実を秘密として厳正に管理・保持しなければならない。

協力義務

  • 相談等の対象とされた個人や団体等は、相談等された内容の事実関係の調査に際して協力を求められた場合には、法令および本連盟との契約関係や条例等に基づき、調査担当部門に協力しなければならない。

是正措置

  • 相談窓口に不正行為等について相談があった場合、受付窓口担当者(コンプライアンス委員)は、全ての内容をコンプライアンス委員会に報告しなければならない。
  • 上記の報告を受け、調査担当部門が調査を行ない不正行為が明らかになった場合には、コンプライアンス委員会は、理事会の議決を経て、速やかに相当な是正措置及び再発防止措置を講じ、もしくは対象者にそれらの措置を講じるように指導・勧告等しなければならない。

内部処分

  • 調査の結果、不正行為等が明らかになった場合には、コンプライアンス委員会は理事会の議決に基づき、当該不正行為に関与した者に対し、本連盟所定の規則に従って、相当な処分を課すことができる。

相談者等の保護

  • コンプライアンス委員会は、相談者等が相談等をしたことを理由として、相談者等に対していかなる不利益取扱いも行わない。
  • コンプライアンス委員会は、相談者等が相談等をしたことを理由として、相談者等の練習環境等が悪化することのないように、適切な措置を執り、もしくは関係団体にこれを採らせるものとする。
  • コンプライアンス委員会は、相談者等に対して不利益取扱いや嫌がらせ等を行った者(相談者の指導者、同僚等を含む。)がいた場合には、理事会の議決を経て、相当な処分を課すことができる。

個人情報の保護

  • コンプライアンス委員会及び本規定に定める業務に携わる者は、相談された内容及び調査で得られた個人情報を開示してはならず、正当な理由なく個人情報を開示した者に対し、理事会の議決を経て、相当な処分を課すことができる。ただし、規定に基づく各種措置を講ずるに当たり、必要最小限の範囲で開示することになる場合についてはこの限りでない。

通知

  • コンプライアンス委員会は、相談者に対して、調査結果及び是正結果等について、被通報者(その者が不正行為等を行った、行っているまたは行おうとしていると通報された者をいう。)のプライバシーに配慮しつつ、遅滞なく通知しなければならない。

不正の目的

  • 相談者等は、虚偽の通報や、他人を誹謗中傷する相談その他の不正の目的の相談を行ってはならず、そのような相談を行った者に対し、理事会の議決を経て、相当な処分を課すことができる。

概要